2016年7月末に日本でリリースされたスマホゲーム『ポケモンGO』。ネット行動分析を行う調査会社ヴァリューズの調査によれば、日本国内のインストールユーザー数はリリース3日後には1000万を超え、男性のアクティブユーザー数はTwitterを超えていたそうです。

 8月に入り、一時の熱狂的なブームは鳴りを潜めたようですが、それでも日本中が『ポケモンGO』の虜になっていたことは事実です。
一つのエンターテインメント作品が、これほどの圧倒的な数の人を巻き込んでブームになるのは最近では非常に珍しいことです。たとえば音楽では、国民誰もが口ずさむような大ヒット曲は、近年ほとんど生まれていません。その背景には価値観の多様化があります。そんな状況でも『ポケモンGO』のような特大ヒットが生まれるゲーム産業は、産業として圧倒的な“強さ”を持っているといえるでしょう。

 そんなゲーム産業の歴史を紐解き、ハード、ソフト、プラットフォームの変遷、興亡の歴史を描き出しているのが『日本デジタルゲーム産業史』(人文書院)です。

 本書を読むと、日本のゲーム産業の歴史は、アーケードゲーム、「プレイステーション」をはじめとする家庭用ゲーム、スマホゲームなどによる興亡の歴史であることがわかります。それぞれが主役となる時期に大ヒットが生まれ、人々を虜にしてきました。

 1978年、初めて日本にゲームブームを巻き起こしたのはゲームセンターや喫茶店などに置かれた『インベーダーゲーム』でした。当時『インベーダーゲーム』のゲーム機の卸価格は当初一台46万円だったそうですが、本書によれば1日一台平均2~3万円を売り上げていたそうです。ゲームセンターにしてみれば、ほぼ一ヵ月以内で元が取れる計算になります。

 その後、現在まで続く家庭用ゲーム機の歴史を形づくったのが「ファミコン」です。1985年の年間販売台数は374万台に達しています。中でも『ドラゴンクエスト』は新しいシリーズが発売されるごとに大きな話題となりました。発売日にいち早く遊ぶために、学校を休んで発売日に行列に並び、警察に補導される生徒が後を絶たなかったほどです。販売元のエニックスはこれを受けて、発売日を日曜や祝日に変更したといいます。

最近の家庭用ゲームは『パズル&ドラゴンズ』などスマホゲームに押され気味ですが、2016年10月には頭部にヘッドマウントディスプレイを装着して遊ぶ『プレイステーションVR』の発売が予定されています。VR技術を用いた初の家庭用ゲーム機として、世界的に注目が集まる製品です。きっとこれからも想像もつかないようなゲームが登場し、私たちを虜にしてくれることでしょう。


SERENDIPは厳選した良書を3,000字(A4用紙3枚程度)のダイジェストにして、メールとウェブサイトで提供するサービスです。 詳しい説明とお申し込みはこちらから。

●会員の方は下記リンクから上記でご紹介した本のダイジェストが読めます

『日本デジタルゲーム産業史』小山 友介 著 (人文書院)
『コンソールウォーズ セガ、任天堂、そして時代を決定づけた闘いの物語(原題:Console Wars : Sega, Nintendo, and the Battle that Defined a Generation)』(海外書籍:アメリカ)Blake J. Harris 著(It Books)

新着ダイジェストが2週間分届く、無料試読もございます。
試読と購読のお申込みはこちらから。

企業でSERENDIPの導入をご検討の方は、法人向けページをご覧ください。
法人利用をご検討の方 はこちら>