リチャード・スティーヴンズ 著 | 藤井 留美 訳 | 紀伊国屋書店 | 281p | 1,600円(税別


1.相手かまわず
2.酒は飲め飲め
3.チョー気持ちいい
4.アクセルを踏みこめ!
5.恋をしましょう
6.もっとストレスを!
7.サボりのススメ
8.ダイ・ハード


【要旨】心理学は、人間の心の動きとそれに伴うあらゆる行動について探究する学問だ。そのため扱うテーマは実に幅広く、社会常識的には「よくない行動」とされていたり、それについて公の場で言及するのがタブーであることも含まれている。性的行動、悪態、危険運転、過度の飲酒やドラッグ摂取、サボりなどだ。本書では、こうした“悪癖”について、それぞれ科学実験・研究やそこから得られたデータなどを紹介しながら、多数の興味深い知見や視点を提供している。著者は英国のキール大学心理学上級講師。「悪態をつくことにより苦痛を緩和する」研究で、2010年にイグ・ノーベル賞を受賞している。なお、ダイジェストでは「飲酒」と「悪態」について取り上げた。

SERENDIP会員の方は本ダイジェストをこちらからお読みいただけます。

新着ダイジェストが2週間分届く、無料試読もございます。
試読と購読のお申込みはこちらから。

企業でSERENDIPの導入をご検討の方は、法人向けページをご覧ください。
法人利用をご検討の方 はこちら>

関連記事