(原題)Let Them Eat Dirt : Saving Your Child from an Oversanitized World | B. Brett Finlay, Marie-Claire Arrieta 著 | Algonquin Books of Chapel Hill, New York | 304p


1.私たちはヒトというより微生物と言っていい
2.赤ん坊とその中にいる微生物を育てる
3.巻き添え被害


【要旨】近年、人間の体内に棲みついた多様な微生物(細菌、ウイルス、原生生物など)の人体へ及ぼす良い影響が注目されている。とくに腸の中に常在する膨大な数の細菌群は、日本では「腸内フローラ」と呼ばれ、そのバランスを整える健康法などが多数提唱されている。こうした体内微生物の集合体はマイクロバイオータと呼ばれ、学術的な研究が進められている。本書では、まだ未解明の部分も多いマイクロバイオータに関する最新の研究成果を踏まえつつ、体内微生物がとくに乳幼児期において多大な役割を果たすメカニズムを紹介。除菌や抗菌をうたう製品があふれるなど、過度の潔癖に走りがちな風潮に警鐘を鳴らし、適度に「汚れる」必要性を主張している。共著の二人はともにカナダのブリティッシュ・コロンビア大学に務める微生物学者。

SERENDIP会員の方は本ダイジェストをこちらからお読みいただけます。

新着ダイジェストが2週間分届く、無料試読もございます。
試読と購読のお申込みはこちらから。

企業でSERENDIPの導入をご検討の方は、法人向けページをご覧ください。
法人利用をご検討の方 はこちら>

関連記事