山川 博功 著 | 講談社(講談社+α新書) | 208p | 840円(税別)

1.借金が人生を変えた
2.「輸出って儲かるの?」
3.なぜアフリカだったのか
4.ITでアフリカを変える
5.新しいフロンティアへ

【要旨】日本国内での知名度は低いが、越境EC(海外市場を対象とする電子商取引)で日本最大級の売上を誇るのが、中古自動車・自動車部品を扱う「ビィ・フォアード」だ。従来の中古車業界の常識を破るBtoCビジネスで、とくにアフリカ諸国で知らない人はいないほどの人気を博しているという。本書では、同社の創業者で代表取締役である著者が、成功までの経緯、ECビジネスや、アフリカをはじめとする新興国・途上国の人々の心をつかむコツなどを詳しく語っている。著者は株式会社ビィ・フォワードのほか、中古車買取業の株式会社ワイズ山川の代表取締役を務める。東京日産自動車販売などを経て株式会社カーワイズに入社の後、独立した。

SERENDIP会員の方は本ダイジェストをこちらからお読みいただけます。
SERENDIP会員でない方には新着ダイジェストが2週間分届く、無料試読がございます。お申込みはこちらから。 

新着ダイジェストが2週間分届く、無料試読もございます。
試読と購読のお申込みはこちらから。

企業でSERENDIPの導入をご検討の方は、法人向けページをご覧ください。
法人利用をご検討の方 はこちら>

関連記事