(原題)One touch : Was Führungskräfte vom Profifußball lernen können Mit Einwürfen von Jürgen Klinsmann, Joahim Löw & Co.Claus-Peter Niem, Karin Helle 著 | Campus Verlag | 251p

1.あなたはきちんと指導ができているか?
2.質の高い指導のための五つのキー
3.効果を発揮するために
4.第1のキー:プロフェッショナルとしての態度
5.第2のキー:専門的な知識
6.第3のキー:コミュニケーション
7.第4のキー:セルフリーダーシップ
8.第5のキー:リレーションシップ
9.マスターコード:ファクターXと決め手の「ワンタッチ」

【要旨】2014年のFIFAワールドカップ・ブラジル大会では、ドイツ代表チームが、旧西ドイツを含めれば1990年以来4度目、統一ドイツとしては初の優勝を飾った。その栄光に至るまでには、ヨアヒム・レーヴ監督とその前任のユルゲン・クリンスマン氏による地道なチームづくりがあった。ドイツサッカー界で長年にわたり「指導者のためのコーチング」を行ってきた二人の著者による本書は、この2代にわたるドイツ代表監督も身につけてきたという、メンバーに高いモチベーションを植えつけ、チームに一体感をもたらすのに重要な要素を明らかにしている。決め手になるのは、メンバーの感情にダイレクトに働きかける「ワンタッチ」だという。二人の著者は、教師として経験を積んだのち、1999年にドイツのプロサッカーチームの一つ、ボルシア・ドルトムントの指導者向けコーチング・エージェントを設立。共著の子ども向けサッカー関連書籍も多数。

SERENDIP会員の方は本ダイジェストをこちらからお読みいただけます。

SERENDIP会員でない方には新着ダイジェストが2週間分届く、無料試読がございます。お申込みはこちらから。

新着ダイジェストが2週間分届く、無料試読もございます。
試読と購読のお申込みはこちらから。

企業でSERENDIPの導入をご検討の方は、法人向けページをご覧ください。
法人利用をご検討の方 はこちら>

関連記事