エディー・ジョーンズ 著 | 講談社 | 208p | 1,400円(税別)

はじめに マイナス思考を捨てれば、誰でも成功できる
1.日本人独自のやり方で勝つ
2.どう戦略を立てるか
3.何が勝敗を分けるか
4.成功は準備がすべて
おわりに 部下がリーダーを超える時
解説 人を動かす言葉(ゴールドマン・サックス証券株式会社社長 持田昌典)

【要旨】強豪・南アフリカ代表への勝利など、2015年ラグビーワールドカップ(W杯)、イングランド大会における日本代表の大躍進は、いまだ日本国民の記憶に焼きついているのではないだろうか。同大会でヘッドコーチ(監督にあたる)として日本代表チームの指揮をとったのが本書の著者、オーストラリア出身のエディー・ジョーンズ氏である。同氏のヘッドコーチ就任当時、日本代表はW杯に7大会連続で出場していたものの、それまでにわずか1勝(1991年大会)しているのみだった。ジョーンズ氏は自信と気力を失っていたチームに、自ら考案した「ジャパン・ウェイ」の精神・戦略・練習方法を植えつけ、2015年W杯での“奇跡”を呼び込んだ。本書では、その経緯とジャパン・ウェイについて、また自らの指導哲学が語られている。著者は現在、イングランド代表ヘッドコーチを務める。

SERENDIP会員でない方には新着ダイジェストが2週間分届く、無料試読がございます。お申込みはこちらから。 
SERENDIP会員の方は本ダイジェストをこちらからお読みいただけます。  

新着ダイジェストが2週間分届く、無料試読もございます。
試読と購読のお申込みはこちらから。

企業でSERENDIPの導入をご検討の方は、法人向けページをご覧ください。
法人利用をご検討の方 はこちら>

関連記事