篠原 信 著 | 文響社 | 288p | 1,380円(税別)

序.三国志・史記に学ぶ理想のリーダー像
1.いかにして「自発的部下醸成方式」が生まれたか?
2.上司の非常識な六訓
3.上司の「戦術」とは何か?
4.配属1日目~3年目までの育て方
5.困った時の9の対応法

【要旨】いつの時代も、いわゆる「最近の若者」は「指示待ち人間」で、自分の頭で考えようとしない、といった嘆きが聞かれる。部下が指示待ち人間ばかりだと上司に負担がかかり、上司がいなければ業務が進まなくなる。自分で考えて動けない部下はいつまでたっても成長しないし、組織全体としての創造性も阻害される。本書では、農学者である著者が研究室運営の経験から習得した「自発的部下」を育てる具体的な方法を指南。上手なほめ方など、部下との関係を良好に保ちつつ成果を上げるコツと考え方にも言及している。著者は国立研究開発法人「農業・食品産業技術総合研究機構」上級研究員で、「有機質肥料活用型養液栽培研究会」会長も勤めている。

SERENDIP会員でない方には新着ダイジェストが2週間分届く、無料試読がございます。お申込みはこちらから。
SERENDIP会員の方は本ダイジェストをこちらからお読みいただけます。

新着ダイジェストが2週間分届く、無料試読もございます。
試読と購読のお申込みはこちらから。

企業でSERENDIPの導入をご検討の方は、法人向けページをご覧ください。
法人利用をご検討の方 はこちら>

関連記事