(原題)A smart home is where the bot is Jean-Baptiste Coumau, Hiroto Furuhashi, Hugo Sarrazin 著 | McKinsey & Company

【要旨】※3,000字のダイジェストのうち、約300字の要旨のみご覧いただけます。

AI(人工知能)の進化、センサーなどIoT(モノのインターネット)関連技術の進歩、そしてビッグデータと呼ばれる膨大な情報の処理が可能になるなどのITの前進は、私たちのビジネスや生活に大変化をもたらそうとしている。とくに日々の生活の基盤であり、くつろぎの場でもある住宅には「スマートホーム」と呼ばれるシステムの整備が進もうとしている。米国に本拠を置く世界的なコンサルティング・ファームであるマッキンゼー・アンド・カンパニーが「McKinsey Quarterly」で2017年1月に配信した記事では、この10年のうちに普及するであろうスマートホーム、ホームロボットについて、その最前線がどんなもので、どのようなインパクトがあるか、その関連分野に進出しようとする企業がいかなる戦略を立てるべきかが論じられている。

SERENDIP会員でない方には新着ダイジェストが2週間分届く、無料試読がございます。お申込みはこちらから。
SERENDIP会員の方は本ダイジェストをこちらからお読みいただけます。

新着ダイジェストが2週間分届く、無料試読もございます。
試読と購読のお申込みはこちらから。

企業でSERENDIPの導入をご検討の方は、法人向けページをご覧ください。
法人利用をご検討の方 はこちら>

関連記事