(原題)The becoming principle | Cathy Salit 著 | LID Publishing Ltd. | p22-25

【要旨】3,000字のダイジェストのうち、約300字の要旨のみご覧いただけます。

どんな業種であっても、ビジネスを前に進めるにはクリエイティビティ(創造性)が欠かせない。では、ビジネスパーソンがクリエイティビティを発揮するには、どのような心構えで行動し、いかにして人間関係を築いていけばいいのだろうか。クリエイティビティをさまざまな角度から考察する特集“The creative cohort”の中にある本記事では、演技(performance)、とくに即興演技の考え方を応用した手法を「5原則」としてまとめている。未知の、あるいは想定外の事態、ミスや失敗などのマイナス要素をも踏み台にして新しいものややり方を生み出すための思考法や具体的なエクササイズを紹介。筆者のキャシー・サリット氏は、リーダー養成プログラムの提供や企業の組織改革サポートを手掛けるパフォーマンス・オブ・ア・ライフタイム社(POAL)のCEO。歌手、女優、即興劇チームの一員としても活動している。著書に『壁を破る力』(徳間書店)がある。

SERENDIP会員でない方には新着ダイジェストが2週間分届く、無料試読がございます。お申込みはこちらから。
SERENDIP会員の方は本ダイジェストをこちらからお読みいただけます。

新着ダイジェストが2週間分届く、無料試読もございます。
試読と購読のお申込みはこちらから。

企業でSERENDIPの導入をご検討の方は、法人向けページをご覧ください。
法人利用をご検討の方 はこちら>

関連記事