(原題)Ideas: the Eastern PromiseNikhil Raval 著 | LID Publishing Ltd. | p46-47

【要旨】3,000字のダイジェストのうち、約300字の要旨のみご覧いただけます。

現代の企業にとって、イノベーションが中心課題であることは言を俟たない。本記事の筆者は、世界中を巡り、企業のリーダーたちとミーティングを重ねた経験から、およそ9割の企業がそうした認識を持っていると確信している。しかし、現実にはイノベーティブな企業と呼べる組織は多くない。ほとんどの企業がイノベーションの必要性を痛感しながらも、何が必要とされ、どのようにそれを生み出せばいいか、悩みを抱えているのではないだろうか。本記事では、その解決策をアジアに求めている。日本における1980年代から90年代のイノベーションの要因を分析するとともに、現代インドを特徴づける「倹約イノベーション」を事例とともに紹介している。筆者は、米デューク大学系列のビジネス・エグゼクティブ教育機関であるデューク・コーポレート・エデュケーションのインド法人でマネージング・ディレクターを務めている。

SERENDIP会員の方は本ダイジェストをこちらからお読みいただけます。

新着ダイジェストが2週間分届く、無料試読もございます。
試読と購読のお申込みはこちらから。

企業でSERENDIPの導入をご検討の方は、法人向けページをご覧ください。
法人利用をご検討の方 はこちら>

関連記事