(原題)Demystifying digital marketing and sales in the chemical industry Søren Jakobsen, Kedar Naik, Nikolaus Raberger, Georg Winkler 著 | McKinsey & Company

【要旨】※3,000字のダイジェストのうち、約300字の要旨のみご覧いただけます。

ポテンシャルの高いデジタル技術が次々と登場し、我々の生活の利便性を高めるとともに、ビジネスを効率化している。また企業の成長は、業種・職種を問わず、いかにデジタル化を進めるかにかかっていると言っても過言ではないだろう。それについては、たとえば、電機産業や自動車メーカーなどは、製品とITの相性がよく、業務プロセスのデジタル化も進んでいると考えられる。一方で化学産業についてはどうだろう? 本記事では、デジタルへの対応が進んでいるとは言い難い化学産業について、とくにマーケティング・営業部門(日本企業の企画営業セクションにあたる)のデジタル化のスムーズな推進策を探る。デジタル化によって化学産業には2000億ドル規模の価値がもたらされるとし、四つの想定される効果を生むための方策や注意点、事例などを示している。本記事は、組織にいかにデジタルな手法を取り入れるか、という点で他業種にもさまざまな示唆を与えてくれる。

SERENDIP会員の方は本ダイジェストをこちらからお読みいただけます。

新着ダイジェストが2週間分届く、無料試読もございます。
試読と購読のお申込みはこちらから。

企業でSERENDIPの導入をご検討の方は、法人向けページをご覧ください。
法人利用をご検討の方 はこちら>

関連記事