伊藤 穰一/ジェフ・ハウ 著 | 山形 浩生 | 早川書房 | 359p | 1,800円(税別)

1.権威より創発
2.プッシュよりプル
3.地図よりコンパス
4.安全よりリスク
5.従うより不服従
6.理論より実践
7.能力より多様性
8.強さより回復力
9.モノよりシステム

【要旨】※3,000字のダイジェストのうち、約300字の要旨のみご覧いただけます。

すでに多数の書籍やメディアで指摘され、多くの現代人が実感していると思われるのが、テクノロジーの進化やそれに伴う人々の価値観の変化の、レーシングカー並みのスピードだ。否応なくそのレーシングカーに乗らざるを得ない私たちは、「むち打ち症(whiplash)」にならぬよう、速さに慣れなくてはならない。本書は、そのために把握しておくべき九つの「原理」を提示、事例をもとに詳しく解説している。これら(「権威より創発」「プッシュよりプル」「地図よりコンパス」「安全よりリスク」「従うより不服従」「理論より実践」「能力より多様性」「強さより回復力」「モノよりシステム」)9原理は、これからの世界を動かす、メジャー・アップデートされたOS(オペレーティングシステム)の方向性であり、現代から未来を生き抜くガイドラインになるものだ。著者の伊藤穰一氏はベンチャーキャピタリストで、世界のイノベーションの源泉であるMIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボ所長。ジェフ・ハウ氏は元ワイアード誌コントリビューティング・エディターで現在ノースイースタン大学助教授、MITメディアラボ客員研究員。「クラウドソーシング」という用語の生みの親でもある。

SERENDIP会員の方は本ダイジェストをこちらからお読みいただけます。

新着ダイジェストが2週間分届く、無料試読もございます。
試読と購読のお申込みはこちらから。

企業でSERENDIPの導入をご検討の方は、法人向けページをご覧ください。
法人利用をご検討の方 はこちら>

関連記事