松本 徹三 著 | SBクリエイティブ | 240p | 1,400円(税別)

1.シンギュラリティーに向かうAI
2.人間と「神」
3.すべての「人間的なもの」
4.AIと向かい合う哲学

【要旨】※3,000字のダイジェストのうち、約300字の要旨のみご覧いただけます。

AI(人工知能)が驚異的なスピードで進化を遂げており、人間と同等、あるいは超える汎用能力を獲得する「シンギュラリティー(技術的特異点)」が遠くない未来に訪れるとされている。その時が、人類社会がきわめて大きく変わる節目になるのは避けられないだろう。本書では、そんな未来を予測している。「AIとは」「人間とは」「神とは」「宗教とは」などの根源的な問いを考察しつつ、AIが「神になる」べきというきわめて大胆な仮説を提示。政治や経済などを、無私に、かつ人間の心理や感情をくみ取りながら論理的な判断を下せるAIに任せ、人間がそれに従う社会が理想とする。そしてそれに向けて私たちが何をすればいいのか、AIとどう向き合えばいいのか、問題提起をしている。著者は、ジャパン・リンク代表取締役社長、ソフトバンクシニア・アドバイザー。コンサルタントとして世界を舞台に活躍する。

SERENDIP会員の方は本ダイジェストをこちらからお読みいただけます。

新着ダイジェストが2週間分届く、無料試読もございます。
試読と購読のお申込みはこちらから。

企業でSERENDIPの導入をご検討の方は、法人向けページをご覧ください。
法人利用をご検討の方 はこちら>