Rachel Botsman 著 | LID Publishing Ltd. | p72-75


【要旨】※3,000字のダイジェストのうち、約300字の要旨のみご覧いただけます。

シェアリングエコノミー(共有型経済)やSNS、オークションサイトといったプラットフォームの広がりにより、企業と個人よりも個人同士がやりとりや取引をするケースが増えてきた。これらのプラットフォームは、従来ほど責任の所在が明確でないケースが多く、大小のトラブルが発生するのは避けられない。それでも、実際には責任の所在が不明瞭なまま「信用」して使用する人が大多数のようだ。本記事では、こうした現状や構造を明らかにしながら、新しい時代の「信用」のあるべき姿を探っている。筆者のレイチェル・ボッツマン氏はビジネスコンサルタントで、元クリントン財団理事長。2010年の共著『シェア 〈共有〉からビジネスを生みだす新戦略』(NHK出版)は、共有型経済の席巻を予見し、世界的ベストセラーとなった。本記事は、筆者の近著『Who Can You Trust?』(未邦訳)の第4章をベースにしている。

SERENDIP会員の方は本ダイジェストをこちらからお読みいただけます。

新着ダイジェストが2週間分届く、無料試読もございます。
試読と購読のお申込みはこちらから。

企業でSERENDIPの導入をご検討の方は、法人向けページをご覧ください。
法人利用をご検討の方 はこちら>