Michael Chavez 著 | LID Publishing Ltd. | p28-31


【要旨】※3,000字のダイジェストのうち、約300字の要旨のみご覧いただけます。

「メタ学習」が注目を浴びつつある。「学び方を学ぶ」という意味であり、主にAIの性能を高めるための理論として研究が進められているようだ。そのメタ学習を、機械ではなく、「人間らしさ」を高めるためのものとして研究している第一人者が、脳科学者であり起業家でもあるビビアン・ミン(Vivienne Ming)氏である。自ら設立した「ソコス(Socos)」にて、職場や学校における「メタ学習」を支援するツールを提供している。本記事は、ミン氏のインタビューである。大学時代に男性から女性になったトランスジェンダーでもあるミン氏は、逆境や苦難を含む経験から、“人生の目的”を見つけることの重要性を語っている。多くの人の“人生の目的”が人間重視のものになれば、テクノロジーの過度の進化による文明の荒廃を避けられると主張する。インタビュアーは、エグゼクティブ向け教育機関であるデューク・コーポレート・エデュケーションのチーフエグゼクティブ。

SERENDIP会員の方は本ダイジェストをこちらからお読みいただけます。

新着ダイジェストが2週間分届く、無料試読もございます。
試読と購読のお申込みはこちらから。

企業でSERENDIPの導入をご検討の方は、法人向けページをご覧ください。
法人利用をご検討の方 はこちら>