Mohit Garg, Kate Sweetman 著 | LID Publishing Ltd. | p30-33


【要旨】※3,000字のダイジェストのうち、約300字の要旨のみご覧いただけます。

スマートスピーカーの台頭などもあり、AI(人工知能)は私たちの生活に確実に浸透しつつある。しかし、普段の仕事や、企業の戦略にAIを活用するとなると、とりわけ非IT企業では「どうしたらいいかわからない」という人が多いのではないだろうか。特集「The human difference」の中にある本記事では、今後あらゆる業種でAIが活用されるべきだという前提に立ち、具体的にどの業務にどんな働きをするAIを取り入れたらいいのか、どこから手をつけたらいいのかを考えるヒントを提供している。最大のポイントはAI活用を「コア」と「エッジ」に分けて考えることであり、本記事では、それを研究開発、製造、マーケティングといった業務に分けて、具体例を挙げながら解説。筆者のMohit Garg氏はIoTのプラットフォームを提供する米国企業「Proxce」の共同創業者兼CEO、Kate Sweetman氏は、SweetmanCragun Groupの創業者兼代表で、chief client officerを務める。

SERENDIP会員の方は本ダイジェストをこちらからお読みいただけます。

新着ダイジェストが2週間分届く、無料試読もございます。
試読と購読のお申込みはこちらから。

企業でSERENDIPの導入をご検討の方は、法人向けページをご覧ください。
法人利用をご検討の方 はこちら>