犬塚 壮志 著 | PHP研究所 | 254p | 1,500円(税別)

1.なぜ、あなたの説明はわかってもらえないのか?
2.わかってもらう説明の黄金フォーマット「I」
3.わかってもらう説明の黄金フォーマット「K」
4.わかってもらう説明の黄金フォーマット「P」
5.わかってもらう説明の黄金フォーマット「O」
6.わかってもらう説明の黄金フォーマット「L」
7.わかってもらう説明の黄金フォーマット「E」
8.わかってもらう説明の黄金フォーマット「T」
9.できる人だけがもっている3つの極意


【要旨】※3,000字のダイジェストのうち、約300字の要旨のみご覧いただけます。

「説明」の難しさを、ビジネスやプライベートで痛感している人は少なくないのではないか。自分自身が深く理解している事柄であっても、それを相手が納得し、その相手の知識として活用してもらうまでに持っていくのは、たやすいことではない。本書では、著者が自ら開発した、説明の“型”(フォーマット)をもとに、具体的かつ実践的に上手な説明の仕方を指南している。「IKPOLET(イクポレット)法」と名づけられた、7ステップからなるそのフォーマットは、著者の人気予備校講師としての経験に、現在の東京大学大学院における研究のベースにしている「学習科学」の知見を加えた「理論と実践の融合」により生み出されたものだ。いかに相手の知識と自分からの情報を“つなげる”かを中心に組み立てられている。著者は元駿台予備学校化学科講師で、現在はビジネスセミナー専門のバリュークリエイター、株式会社士(さむらい)教育代表取締役として活躍。

SERENDIP会員の方は本ダイジェストをこちらからお読みいただけます。

新着ダイジェストが2週間分届く、無料試読もございます。
試読と購読のお申込みはこちらから。

企業でSERENDIPの導入をご検討の方は、法人向けページをご覧ください。
法人利用をご検討の方 はこちら>