Olga Mizrahi 著 | LID Publishing Ltd. | p16-19


【要旨】※3,000字のダイジェストのうち、約300字の要旨のみご覧いただけます。

米国の労働市場でフリーランスの比率が上がっている。フットルースな(束縛のない)働き方を選ぶ人が増えているのだ。企業としてはそれに対応し、フリーランスの価値をいかに引き出すかを考える必要に迫られている。不確実な時代に生き残るには、フリーランスの柔軟な思考が武器になるかもしれない。特集「The footloose world」の冒頭を飾る本記事では、1984年の映画『フットルース』からもヒントを得ながら、フリーランスをめぐる米国の現状、フリーランスへの教育、チームの中でどのように力を発揮してもらうか、などを論じている。筆者はカリフォルニア大学アーバイン校でデジタルマーケティングプログラムの講師、ohso! designのCEOを務めている。ギグ・エコノミー研究の第一人者であり、『The Gig Is Up』などの著書がある。

SERENDIP会員の方は本ダイジェストをこちらからお読みいただけます。

新着ダイジェストが2週間分届く、無料試読もございます。
試読と購読のお申込みはこちらから。

企業でSERENDIPの導入をご検討の方は、法人向けページをご覧ください。
法人利用をご検討の方 はこちら>