(原題)Smart Cities: Digital Solutions for a More Livable Future | Jonathan Woetzel, Jaana Remes, Brodie Boland, Katrina Lv, Suveer Sinha, Gernot Strube, John Means 他 著 | McKinsey Global Institute(MGI)

【要旨】※3,000字のダイジェストのうち、約300字の要旨のみご覧いただけます。

世界の多数の都市で「スマートシティ」の実証実験が始まっている。IoTなどのデジタルテクノロジーを用いて都市機能を高めようとするものだ。10年ほどの各都市での実験的導入を経て見えてきたのは、スマートシティは単なる効率化ではなく住民のQOL(生活の質)に資するものということだ。マッキンゼー・グローバル・インスティテュート(MGI)による本リポートでは、スマートシティ化のために導入されるアプリケーションがQOLに与える影響について、独自の調査結果をエビデンスとして分析。そしてそれをもとに、行政機関が住民や民間企業などの関係セクターを巻き込みながらどのようにスマートシティ化を進めていけばよいのか、企業としていかに関わっていくべきか、などについて論じている。

SERENDIP会員の方は本ダイジェストをこちらからお読みいただけます。

新着ダイジェストが2週間分届く、無料試読もございます。
試読と購読のお申込みはこちらから。

企業でSERENDIPの導入をご検討の方は、法人向けページをご覧ください。
法人利用をご検討の方 はこちら>