原題:Ren Zhengfei and Huawei: A Business and Life Biography | Li Hongwen 著 | LID Publishing | 216p

1.貧しき学生時代
2.軍人兼エンジニア
3.経営者としての第一歩
4.ファーウェイの台頭
5.マーケットを拡大せよ
6.世界をその手に
7.任正非の素顔

【要旨】※3,000字のダイジェストのうち、約300字の要旨のみご覧いただけます。

今、世界でもっとも勢いのあるスマートフォン・メーカーと言えば、中国発のグローバル企業である「ファーウェイ(HUAWEI;華為技術)」である。最新のデータによると、2017年第一四半期のスマホの出荷台数において同社は第3位につけているが、第2位のアップルを追い落とそうとする勢いなのだ。とくに日本では、高性能かつハイコストパフォーマンスである同社の機種が、多くの格安スマホ事業者(MVNO)に採用されており、一般の認知度が格段に高まってきている。1987年創業のファーウェイは、通信機器の製造販売をメインとする企業。今では世界各地に拠点があり、15万人以上の従業員を擁する。本書では、同社創業者の任正非(レン・ツェンフェイ)の生い立ちから、ファーウェイの創業からの物語、そのビジネスの特徴などを網羅している。著者は、中国トップクラスのビジネスライター。

SERENDIP会員の方は本ダイジェストをこちらからお読みいただけます。

新着ダイジェストが2週間分届く、無料試読もございます。
試読と購読のお申込みはこちらから。

企業でSERENDIPの導入をご検討の方は、法人向けページをご覧ください。
法人利用をご検討の方 はこちら>

関連記事