東中 竜一郎 著 | 翔泳社 | 336p | 1,980円(税別)

1.知能って何だろう
2.人工知能の基礎知識を学ぼう
3.人工知能に探索させよう
4.人工知能に知識を教え込もう
5.人工知能に学習させよう
6.人工知能に言語処理をさせてみよう
7.人工知能に対話させよう

【要旨】※3,000字のダイジェストのうち、約300字の要旨のみご覧いただけます。

一般に「AI」という略語で注釈なしに通じるほど、「人工知能」という言葉は広く人口に膾炙するようになった。碁やチェス、大学入試などでAIの知能が試されるニュースが注目され、人間の「職を奪う」のではないかと危惧する声も大きくなっているようだ。また、スマートフォンの音声アシスタントなど、身近なツールとして人工知能が使われるようにもなっている。だが、はたしてどれくらいの人がAIの基本的な仕組みを理解しているのだろうか。本書は、「知能とは何か」といった根本のところから理解を深められる人工知能の教科書である。基本的な数式のみを用い、身近な例を挙げながら、人工知能には何が、どういう思想が必要なのか、その開発の歴史とともにわかりやすく解き明かしている。著者はNTTメディアインテリジェンス研究所の研究員で、AIの対話システムや質問応答システムの研究に従事している。

SERENDIP会員の方は本ダイジェストをこちらからお読みいただけます。

新着ダイジェストが2週間分届く、無料試読もございます。
試読と購読のお申込みはこちらから。

企業でSERENDIPの導入をご検討の方は、法人向けページをご覧ください。
法人利用をご検討の方 はこちら>