『ピープルズ・バンクの理想を求めて A・P・ジャンニーニ伝』
Francesca Valente 著 | Barbera Foundation | 220p


1.苦しい子ども時代
2.ロレンツォ・スカテナ
3.バンク・オブ・イタリアの設立
4.震災:災害と機会
5.ブランチバンキングの幕開け
6.ロサンゼルス 見逃せないチャンス
7.シカゴ以西で最大の銀行を目指して
8.20年間の着実な成長を記念して
9.夢を実現するために
10.全国的な銀行へ
11.内なる裏切り
12.戦場への帰還
13.良き時代への回帰
14.再び包囲される
15.バンク・オブ・アメリカの新しい心臓部
16.ジャンニーニの遺産


【イントロダクション】※3,000字のダイジェストのうち、約300字の要旨のみご覧いただけます。

世界有数の商業銀行「バンク・オブ・アメリカ」。そのルーツに、サンフランシスコのイタリア系移民コミュニティに向けた小銀行「バンク・オブ・イタリア」があることは、あまり知られていないのではないか。
創業者A・P・ジャンニーニは「ピープルズ・バンク(民衆のための銀行)」として同行を立ち上げた。

未邦訳の米国書籍である本書は、バンク・オブ・アメリカの前身、バンク・オブ・イタリアを創業し、その後の未曾有の拡大を指揮したA・P・ジャンニーニ(1870-1949)の生涯と業績を追っている。
イタリア系移民を父に持つジャンニーニは、富裕層の大口顧客ばかりを対象とする当時の地元金融機関に反発し、一般市民から小口の預金を集め、街の中小店舗や職人などを融資対象とするバンク・オブ・イタリアを1904年に創業。その後、買収や合併を繰り返し、サンフランシスコ、カリフォルニア州、全米、そして世界に支店展開を図る中でも、当初に自ら掲げた「ピープルズ・バンク」の理想の旗を下ろすことはなかった。

著者のフランチェスカ・ヴァレンテ氏はジャーナリストで、30年以上にわたり北米の複数のイタリア文化研究所(IIC)の所長を務めてきた。イタリアの著名作家の著作35点を翻訳している。


新規会員登録(無料)をすると本ダイジェストの続きをご覧いただけます。(2021年7月16日まで)会員登録はこちらから

既にSERENDIP会員の方は本ダイジェスト全文を下記から閲覧いただけます。

法人の会員はこちら

個人の会員はこちら